地元金融機関の方へ
(事業再生)

資金繰りに困っている中小企業からのご相談にお悩みの方

播州地方の中小企業倒産を1社でも減らしたい。

融資をしたくても出来ない…大丈夫、解決します

  • 自己査定に必要な資料が手に入らない。
  • 融資を依頼されたが、直近の試算表が手に入らない。
  • いつ行っても経営者が現場で話が出来ない。
  • 経営者が経理について知識が無く、何を聞いても応えられない。
  • 試算表の中で分からない項目があっても質問出来る人がいない。

当事務所が貴行と企業様の間に立って、業務をスムーズに行います。

瀧元会計事務所が、金融機関のお客様から情報を収集し、金融機関様に状況報告を行う図
  • 「情報の超高速化」
  • 「実態が見える化」
  • 「融資枠が拡大化」
  • 取引先企業の実態をハッキリさせます。

    実態貸借対照表イメージ
    実態をはっきりさせる報告書例
    • 実態貸借対照表(実態B/S)
    • 償却不足計算
    • 予算実績差違分析
    • キャッシュフロー計算書
    • ローカルベンチマーク
  • 取引先の経営者と、経営改善・方向性の目線を合わせます。

    会議イメージ
    目線を合わせる施策例
    • 事業計画の作成
    • モニタリング会議
    • モニタリング会議に伴う議事録の提出
  • 公的機関の活用など、複数の再生方法を提示します。

    提案イメージ
    経営革新等認定支援機関だから
    できる再生手段の一例
    • 兵庫県再生支援協議会の利用
    • 経営改善計画策定支援事業の利用
    • 早期経営改善計画の策定
    • サポート会議(信用保証協会)
  • 取引先の融資の幅を広げます。

    融資イメージ
    事業計画を作ることによって、
    兵庫県信用保証協会の経営改善サポート保証が利用できます。

    倒産を回避することはもちろん、保証を適用することで、融資を可能にします。

当事務所は事業計画・将来シュミレーションの策定が得意です。

  • 適切な売上目標を"見える化"します。
  • 長期的な視点に基づいた、堅実な事業計画書を策定

事業計画において最も大切なことの1つが、事業の状況や企業の課題に合わせて適切な売上目標を決めること。
粗利率を上げ、固定費を削減できないか、今後必要な資金はいくらか…しっかり分析して、目標に落とし込みます。

経営UPイメージ

また、今期の目標だけでなく3年後、5年後のあるべき会社の姿を実現するために、市場調査等の将来シミュレーションをもとに具体的な行動目標を定めるアクションプランの作成支援も行なっています。

事業計画でお困りな企業様がいらっしゃいましたらご紹介ください。

現実性があり、透明性がある事業計画はの策定は、会計面でのサポートが無ければ作成が出来ません。
事業計画の策定は当事務所が得意としている業務のひとつです。そのような点でお困りの経営者様がいらっしゃいましたら、是非当事務所にご紹介ください。

  • 実態に近い事業計画を策定し、予実分析して計画とのずれを把握していきます。
  • 決算の都度、予実分析を行い、金融機関様に提出します。